スポンサーサイト

Posted by 松長良樹 on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手紙

Posted by 松長良樹 on 30.2013 0 comments 0 trackback
52412_convert_20130330214040.jpg

 ――近藤勇也から仙堂真奈華へ

 親愛なる、いや心より愛する真奈華。突然君のもとからいなくなってしまい、とても済まないと思う。もしかしたら君は一人暮らしの僕の麻布の陰気くさいアパートに何度も足を運んだのではないかな……。君のもとから煙のように姿を消すなんて、僕にしたら甚だ不本意な事だ。しかしこれには深い事情がある。君を心から愛するゆえの事なのだ。正直言えば今すぐにでも戻ってこの両腕に君をしっかりときつく抱きしめたい。
 実はこの手紙は出さないつもりでいた。しかし、僕を慕う君を想うとすまない気持ちにいたたまれなくなり、事の次第を先に明かしてしまう気になった。僕は今フィリピンのある島にいる。ここでは法と言うものが機能していない。だから僕はわざわざここまで来た。すまない。もっと率直に書こう。
 僕はこれから数時間後に椎名正芳と決闘とするところだ。ああ、この僕を許せ、この自分勝手な行為をどうか許してください。

スポンサーサイト
 HOME 
▲ top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。