廃墟にて

Posted by 松長良樹 on 26.2014 1 comments 0 trackback
897_convert_20140326210646.jpg

 県道から脇道に入ると、殺伐とした林道が続いていた。某テレビ局の取材班はその先の今はもう廃墟と化した国立病院に向かって進んでいた。機材を抱えたまま車が入れない道を歩くのは骨が折れる。取材班の表情がいつになく厳しい。
 足元に得体の知れない冷気が絡みつく。そして押し潰されそうな重い気圧。何かが、正体不明の何者かが夜な夜なこの辺りを徘徊するという噂だ……。

スポンサーサイト
 HOME 
▲ top