スポンサーサイト

Posted by 松長良樹 on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天才少年オサム

Posted by 松長良樹 on 22.2011 2 comments 0 trackback
5896_convert_20110922220955.jpg

 オサムは天才少年だと言われた。物心の付くころに幼稚園の女の先生の絵を描いたが、実に写実的で周りの人達の度肝を抜いた。勿論金賞を貰い、県内の最優秀作品に選ばれた。 
 小学生の頃には学校の校庭の絵を描いたのだが、これまた写真のように正確で細密で独創性も兼ね備えていた。小学生の天才芸術家誕生と言われた。
 オサムは一度行った場所を二度と忘れなかった。例えば車の助手席に乗ったら、どんなに複雑な道を走ろうが道順を全て記憶できた。当の運転手さえ帰り道がわからなくなってもオサムがナビをした。すばらしい記憶力であった。JRの駅名の殆どを記憶し、世界の国々の名と首都が頭に入っていた。
 IQ200だと言われた。天才に間違いないと言われた。IQとはあくまで知能の発達の早さを意味するものであったが、それでもやはりオサムはずば抜けていた。
 小学4年の時に物理学に興味を示した。理論物理学をはじめ様々な文献を読破し、ノートには一般人には理解不能な微分方程式が書き連ねてあった。小学5年生の時には本を書いたが、その題名たるや「相対性理論の矛盾点とダークマターの正体」という全く難解な本であった。出版記念に大勢の報道人や著名人が訪れテレビで報道された。
 しかしオサムは生まれつき音を聞く事が出来なかった。オサムの唯一の悲劇的な部分であった。それを誰より悲しんだのは彼の父にして音楽家の西園寺だった。彼は一流の音大を出て、海外でも数々の音楽賞を総なめにした人物であって我が息子に期待するところは多く、オサムが生まれる前から息子は音楽家にしたいとコメントしていたほどであった。
 ある時。「音楽が聞きたい」とオサムが両親に言った。
「小説や絵画や造形の素晴らしさを僕は知る事が出来たが、僕は音楽を聴けない」とオサムが言った。
「僕も父のように音楽を奏で、素晴らしい曲をつくってみたい」
 父はその言葉に泣いた。公衆の面前で泣きじゃくった。それを知った世間が同情した。何とか聴力を回復できまいかと、回りのみんなが真剣に考えた。
「もしオサムが聴力を持ったら、べートーベンをも凌ぐ名曲を書くかもしれない」
 と誰かが言った。
「そうだ。あのこが聴覚を持ったら、西園寺より優れた大音楽家になるだろう」
 音楽関係者がそう言った。事実そういう雰囲気が充分オサムにはあった。
 世界から名医が集められた。「費用に糸目は付けません」と西園寺とオサムの支援者達が言った。
 手術は永い長い時間を要した。テレビ放映されるほどの騒ぎであった。
 手術が終了するとテレビ画面に青年医師の凛々しい顔がアップになった。真剣な医師の顔がほころんで笑顔になった。
「手術は成功です。彼はCDを聞けますよ」
 医師がそう言うと大歓声と拍手が巻き起こった。西園寺は感極まって嗚咽した。
 暫らくして報道記者がオサムにインタビューした。
「おめでとうございます。私の声が聞こえるのですね。ところで音楽を聴かれましたか?感想は?今後作曲されるのですか?」
 記者は眼を輝かせて質問したが、オサムの表情は冴えなかった。
「正直言って音楽の何処がいいのか僕には分かりません。べートーベンって誰? それにしてもお腹が空いたなあ。あれっ僕朝ご飯食べたっけ?」
 なんともオサムらしからぬ答えであった。
 その時から、いや、聴覚を獲得してからオサムはただの小学生になっていた。西園寺は随分と落胆した。周りも予想外の事に失望した。算数すら出来ないのだ。絵はへたくそで物忘れも酷い。普通の小学生以下かもしれなかった。
 
 いつしか世間はいっさいオサムに興味を持たなくなった。
 オサムは忘れ去られたのだ。今オサムは地方の小さな町で野菜を作っている。
 トマトづくりが何より楽しいのだそうだ……。       


                           おしまい。
スポンサーサイト

だいぶ涼しくなりましたね~。
節電の夏も終わり、ようやく秋らしくなってきましたが、
体を壊さないようにして下さいね。

2011.09.28 01:35 | URL | りん #- [edit]
涼しくなって気持ちがいいです。

りんさんも体調管理しっかりしていい作品をかいてくださいね。

僕も試験とS&Sがんばります。
2011.09.28 19:15 | URL | 松長良樹 #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kitunosuke8.blog33.fc2.com/tb.php/232-23a3a70f
▲ top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。