宇宙からの映像

Posted by 松長良樹 on 12.2011 0 comments 0 trackback
ba444.jpg

 ある時宇宙ステーションのクルーによって驚くべき現象が地球基地に報告された。まるでオーロラのようなものが宇宙の彼方から地球目指して近づいて来ると言うのだ。その話はあっという間に全世界に波及し、世紀の大ニュースとして取り扱われた。
 地球の天文学者及び科学者たちはその全科学力を総動員して調査に当たった。そしてそれが映画のような巨大な映像の束であることを確かめたのだ。
 素晴らしい映像であった。宇宙人と思われるものが優雅で調和のとれた世界に居てそれを見るものに優しく微笑みかけてくるのだ。なんとも癒される光景であった。
 例えば広大な芝生が敷き詰められた公園のような場所で、飲み物と思われものを酌み交わしながら彼らは知的に宇宙の起源や平和について語り合っている。誰もかれもが満たされたような表情を浮かべ互いに尊重しあい慈しむように見える。
 それを見て誰かが言う。
「すばらしい映像ですね。我々も彼らのように平和で進歩的でいたいものだ。これはきっと宇宙人が我々に送ったメッセージですよ。自分たちの存在を映像によって知らせようとしているのです」
「そうですね、この映像の発進点を確かめ、彼らのもとに我々のメッセージを送り返そうではありませんか」
 やがてその映像の解析は急ピッチに行われ、思わぬ事実が明るみに出た。なんとこの映像の起源は今から五十億年も前である事が解ったのだ。つまりこの映像は光の速度で五十億年かけてこの地球まで届いたらしいのだ。
 誰もが絶句した。そして誰かが言った。
「このメッセージに返信しても、まず無意味でしょうね。たぶんもう彼らはいない」
「……」
 場が静まり返り誰もが寡黙になって空を見上げた。しかし、科学者らしい白髪の紳士がしみじみとこう言った。
「いや、無意味な事なんてない。我々もメッセージを送るべきだ。誰かがきっとそれを拾うことに期待して……」
 *  *
 今から五十億年前、彼らはこの映像を受信した。そしてそれをそのまま増幅して宇宙の彼方に送ったのだ。誰かがきっとそれを拾うことに期待して……。

                         おしまい
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kitunosuke8.blog33.fc2.com/tb.php/247-a1a3a2a1
▲ top