スポンサーサイト

Posted by 松長良樹 on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

催眠術の輪

Posted by 松長良樹 on 30.2010 0 comments 0 trackback
888456999654.jpg

「だから、確かに私が彼女を殺したのかも知れません。でも……」
「でも、どうした?」
 テーブルの上の灰皿でタバコをもみ消しながらニヒルな刑事が言った。場所は薄暗い取調べ室である。田中は記憶をたどりながら答えた。
「私は、催眠術にかけられていたんです。でなかったら人殺しなんてしません。私の意志じゃない…… マインドコントロールですよ」
「調子のいい事を言うな。可哀想に、若い彼女は背中に鋭利なナイフを突き立てられて死んだんだ。お前が殺したんだよ」
 刑事が渋面をつくった。
「そうかもしれません。確かにそうですよ。でも動機も殺意も僕にはなかったんですよ。信じてください。強力な催眠術ですよ」
 三十代の平凡なサラリーマンである田中は必死な顔をして、強面の刑事にそう訴えた。
 刑事はもちろん田中の周囲で聞き込みを行っていたが、彼の評判はすこぶる良く、とても人を殺せるような人間ではないという事であった。
 刑事は暫らく考え深そうな顔で天井を眺めたすえ、こう言った。
「じゃあ、百歩譲ってお前の言う事が仮に本当だとして、お前に催眠術をかけたのは、いったい誰なんだね?」
「会社の同僚の山田さんです」
 即座に田中が答えた。
 暫らくして山田が取り調べられた。山田は懸命に弁解した。
「確かに私は田中さんに催眠術をかけたかも知れません……。でも」
「でも、どうした?」
「私は、田中さんの顔を見たら彼女を殺せという催眠術をかけろ、という催眠術を係長の鈴木さんに、かけられたんですよ」
 刑事はちょっと驚いていたが、暫らくして今度は鈴木係長が取り調べられた。
「私は確かに、山田君に催眠術をかけたかも知れません……。でも」
「でも、どうした?」
「私は太田課長から、山田さんを見たら催眠術にかけろ、と言う催眠術をかけられたんです」
 刑事は困惑した。頭の痛い事件であった。
 太田課長が調べられたが、誰に訊いても私は誰それから催眠術をかけられたと答えるのだ。課長は部長に、専務は社長にという具合に……。
 以降、誰に訊いても『私は催眠術にかけられていた』と証言するのだ。
 こうなると収拾がつかない。確かに田中には殺人罪が適用される。しかし田中に催眠術のかけ、コントロールした者も殺人教唆として同等の罪が科せられるのだが、この調子だと催眠術の輪は広がるばかりだった。
 あるとき刑事は田中の留置所に疲れた顔のままやってきた。
 田中が心配そうな表情で刑事と面会した。
「田中。やっぱり催眠術の話は嘘っぱちだったんだな」
 開口一番、刑事がそう言った。
「えっ…… そ、そんなはずはありません。信じてください」
 田中の声が震えていた。
「全部でたらめだ。すべてお前の作り話なんだろ!」
 田中の表情は苦渋に満ちていた。
「な、なぜそう言い切れるのですか?!」
 刑事が不気味とも言えるニヒルな笑いをつくってこう言った。
「――なぜって、俺はそういう催眠術にかけられたんだよ」


 
  質問 あなたは意思決定する時にすべて完全に自分の意志だと言い切れますか?

                 おしまい。
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kitunosuke8.blog33.fc2.com/tb.php/30-7f6f46a1
▲ top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。