推理クイズ 6

Posted by 松長良樹 on 06.2012 0 comments 0 trackback
 問7 密室殺人事件の真相

 資産家の娘、園田かおりが両親の旅行中、自分の部屋で死んでいた。まだ若く麗しいかおりはその短い生涯を悲しく閉じたのだ。資産家の父は嘆き、母は半狂乱だ。無理もない。父はかおりが自殺などは決してしないと言い張り、何としても犯人をあげてほしいと警察に懇願した。
 そこに登場したのが明智小五郎かぶれの明智小次郎だ。彼は前回もその卓越した推理力によって事件を解決しているが今回も状況を細かく分析して真相を言い当てた。
 さて、みなさんに事件の真相を解いていただきたい。
 状況を説明すると、かおりは自分のベットで横腹からのおびただしい出血の為に死んでいた。刺し傷が死因だ。部屋には無数の血痕があったがそれはどれもかおりのものだった。部屋にはドアが一つ窓が二つあったがみな内側からしっかり鍵がかけられ、壊された様子も開けられた様子もない。完全に閉まったままで他に出入りするところはない。 
 しかも凶器は部屋中をくまなく探しても発見されなかったし、犯人の指紋すらない。さてかおりが他殺だとすれば、犯人はいったいどんな手段でかおりを殺害したのだろう? 
 明智小次郎の推理によれば犯人は恋人の研一で、彼は両親が旅行中なのをいい事に最近になって別れ話を持ち出したかおりを恨んで殺害したと言うが、いったいどうやって凶行は行われたのだろうか? 真相を解きあかしてほしい。
 ヒント 部屋の外の廊下にかおりのサンダルが無造作に転がっていた。
 答え

 明智小次郎は語る。
「いやこれは密室であって、密室殺人ではないのですよ。実はかおりは庭を歩いているときに研一に腹をいきなり刺されたのです。驚いたかおりは泣き叫びながら自分の部屋に逃げたのです。サンダルを履いたままでね。慌てていたから廊下でサンダルが脱げたのです。研一は彼女をそこで殺さず、用意周到に部屋に追い込んだのですよ。刃物には毒が塗ってありました。そうして彼女は自分の部屋にこもり、中からしっかり鍵をかけたのです。
 やがて彼女は目眩に襲われベッドに横になったのです。時間が経つと可哀想に毒がまわってかおりはとうとう死にました。 しかしかおりもけっこう気の多い女性だったようですね。だから――。 ああ、でもこれは悲劇には違いありますまい」
 そう言うと彼はいくぶん悲しい表情をしてそのもじゃもじゃ頭をかいた。
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kitunosuke8.blog33.fc2.com/tb.php/331-5f6b05ec
▲ top