呆れるべき真相 Ⅲ

Posted by 松長良樹 on 04.2013 0 comments 0 trackback
「うわーっ!!」
 という絶叫。なんでも話だと宇宙人が百貨店で暴れていると言う。大事件だ。
 またもやホームズみたいな探偵が真相の究明に乗り出した。現場に行けば顔かたちからしてあのグレイだ。勇気ある探偵は身の危険も顧みず、果敢に宇宙人に接触した。
「ど、どうしました?! 大丈夫ですか」
「ああああああーーっ!!」
 宇宙人は半狂乱だが観察眼の鋭い探偵は彼の背中にジッパーを発見した。調査によると彼はただのエキストラで、あるSF映画の撮影中、誤って転倒して記憶を失くしたらしいのだ。
 そして百貨店のショーウインドウに映る姿を見て、自分が宇宙人であると思い込んでしまったようだ。
 探偵は懸命に彼の記憶を呼び戻そうとしたが彼は『騙されるものか!! 僕は宇宙に帰る!』と叫んでもっか逃走中である。かなり面倒くさい事件だ。

 彼は宇宙人衣装の中に隠してあるアルバイトニュースをはたしてどう読むのだろうか?

                  おしまい

スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kitunosuke8.blog33.fc2.com/tb.php/344-bc24a78a
▲ top