魔人困る

Posted by 松長良樹 on 28.2013 0 comments 0 trackback
名称未設定-1

 魔法のランプから現れた魔人が老人にむかって言った。
「お前の望みをなんでも叶えてやる」
「はあー?」
「はあーじゃないよ、お前の望みをなんでも叶えてやるといったんだ」
「なんだって?」
「やい、じじい。おまえ耳が遠いのか?」
「へ? なんだって?」
「仕方がない、お前の望みはこちらで判断しなければなるまい。望みは『耳を良く聞こえるようにしてほしい』でいいか?」
「はあー? なんだって? けど、あんたよく見るとまるで魔人みたいな顔してるね」

「うーん、――こまったなこりゃ」

スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kitunosuke8.blog33.fc2.com/tb.php/371-50ae2ef0
▲ top