アリとキリギリス

Posted by 松長良樹 on 31.2015 0 comments 0 trackback
名称未設定-1

 青葉が生い茂る春、熱い日差しの夏。
 アリは働くフリをしていました。色々な食物を巣に運んだりして、いかにも冬に備えて食料の備蓄をしているように見せて、その実、仲間で思う存分食料を食べてしまっていたのです。
 キリギリスは遊んでいました。ケセラセラという歌を歌いながら陽気に、豊かなに茂った植物の葉を食べていました。
 やがて雪の降り積もる冬が当然やってきました。
 キリギリスは餓えていました。すると勤勉なアリの事が思いだされました。そしてアリの巣に行って食料を少しでいいから分けてもらおうと思いました。
 アリの巣に行くとアリは殊のほか暖かくキリギリスを迎えました。
 そして嬉しそうにキリギリスを取り囲んだのです。
 傍にキリギリスの羽が落ちていました。良く見ると足まで落ちていました。それも沢山です。アリたちがニッコリ笑いました。
 アリは働くフリをしていました。フリを……。

                                          end
Ant and grasshopper

Spring when greenery is wanton and summer of the hot sunlight.
Ali was doing done imitation. Various foods were carried to a nest, and it had been shown and the full food of which I think by the Makoto and company had been eaten so that I might prepare for winter and store food really.
The grasshopper was idle. Cheerfully, a vegetable leaf with which the Yutaka Japanese syllabary is overgrown was being eaten while singing a song called KESERASERA.
Winter when snow lies thick on the ground soon was doing of course.
A grasshopper was hungry. Then diligent Ali was remembered. I thought I went to a nest of an ant, and you distributed food because it was a little and good.
When he went to a nest of an ant, Ali met a grasshopper extremely warmly.
And I seemed happy and surrounded a grasshopper.
There was a feather of a grasshopper in the side. When it was often seen, there even was a foot. That's also much. Ali and others smiled.
Ali was doing done imitation. Imitation...,....
end
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kitunosuke8.blog33.fc2.com/tb.php/398-4d04dd23
▲ top