スポンサーサイト

Posted by 松長良樹 on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球風船

Posted by 松長良樹 on 04.2015 0 comments 0 trackback
名称未設定-1

「地球は狭い、もう小さすぎる。なんとか地球を大きくできないか!!」
 ある時、まあこれは近未来の話に違いないが、こう叫んだ男がいた。
「地球を大きくできたら、人口問題も、食料危機も回避できる!!」
 彼は非常に変わった人間だったが天才だった。男は地球の地下深くにゴム状の風船のような地層があるのを発見した。 そしてそれを膨らませれば、地球自体が大きく成長できる可能性を発見した。科学者たちはあまりのばかばかしさに男を気違い扱いしたが、男は本気だった。
 男は資産全てを投げ打って巨大な空気ポンプを建造した。そして噴火口からチューブを使って地球内部に空気を送り続けた。すると驚いたことに地球が膨らみ始めた。ぐんぐんと勢いよく成長する地球!!
 男は歓喜した。大きくなっていく地球。奇跡の地球。
 しかしそれを称賛する人達は誰もいなかった。非難する人達も誰もいなかった。
 なぜなら、ほとんどの人間は酸欠で倒れていたし、その男も、もう息が出来なかった。

                                               end
"The earth is small, it's already too small. Can't the earth be done big somehow!!"
At some time, oh, this must be talk of the near future, but there was a man who cried so.
"If the earth can be done big, a population problem and a food crisis can be avoided!!"
He was very different man, but he was a genius. Global underground was deep and a man found that there is a stratum like a balloon like NI rubber. And when that could be inflated, the earth found a possibility that it itself can grow big. Scientists treated a man as the intention difference in absurdity which is that, but the man was serious.
A man gave up all fortune, struck it and built a huge air pump. And I kept sending air inside the earth using a tube from a crater. Then surprisingly the earth has begun to be full. The earth which grows forcefully rapidly!
A man was delighted. The earth which is becoming big. The earth of miracle.
But there was no one for the people who praise that. There was no one the people who attack, too.
Because most man died of an oxygen shortage and the man couldn't breathe any longer, either.

end
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kitunosuke8.blog33.fc2.com/tb.php/400-70782b0a
▲ top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。