スポンサーサイト

Posted by 松長良樹 on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴロー消失❔

Posted by 松長良樹 on 03.2016 0 comments 0 trackback
5669+(2)_convert_20160403195140.jpg

「みんなに集まってもらったのも、私は大変なものを発明したかもしれないからです」
 博士はそう言い、テーブルの周りに集まっている研究所の連中を一瞥した。研究生の皆もいったい何を博士が発明したのか、興味深そうに様子を見守っている。博士はやがて白衣の内ポケットから半透明の消しゴムらしきもの取り出して皆に見せた。
「この消しゴムはなんでも消せる。今までの物理の法則を崩壊させるものです」
 皆はどうリアクションしていいのか解らないまま暫く黙っていた。次に博士はテーブルに置かれた鉛筆を無造作に手に取ると、その消しゴムで数回こすった。と、どうだろう。見る間に鉛筆が消えうせたのである。
 皆が目を疑い、どよめきが巻き起こった。だが、どうも皆は半信半疑だった。
「博士。まさか、マジシャンになられたわけじゃないですよね」
 研究生の女子が微笑んでそう言った。
「ありえないでしょ? 余興ですか、博士」
 男子の学生までもそう言う。しかし博士は表情をまったく変えなかった。
「では……」
 博士が何か言いかけた時。ニャーオー という声がした。その声の主はゴロ―という名の猫で、もとは野良猫だが、研究生が可愛がったり、餌をやったりしたので、すっかり研究所に居ついてしまった雌猫だった。ゴロ―という名はいつも、ただごろごろしているという意味で、誰かが雄、雌、関係なく付けた。だからゴローからしたら侵害な名だったかもしれない。
 博士は足元にすり寄ってきたそのゴローを、ひょいと抱き上げた。そして言った。
「ゴローだって消せるよ」
 皆はほとんど信じない風だった。いくらなんでも消しゴムで猫が消えるわけがない。皆そう言いたげな表情だった。
「――いいですか」
 そういうと博士は消しゴムを猫に見せた。ゴローは最初おもしろがる様子で、その消しゴムにじゃれついた。何回か猫パンチも繰り出したほどだ。でも博士が首のあたりに消しゴムをもっていって、そこで動かすと、今度は気持ち良さそうに目を細めた。
 だが、それが皆がゴローを観る最後となった。その後ゴローの姿が煙のように消えてなくなったのである。そしてその瞬間に消しゴムも消えてしまった。
「……」
 しかしその時、博士は表情を変えなかったし、なお一層、妙なことに研究所の学生達も何事も起きなかったように落ち着き払っているのである。
 
 この事態を推測するとこうなるかもしれない。彼らのいる世界に、元々鉛筆というものがなかった。そしてゴローという名の猫など最初から存在していなかった……。
 そう、その証拠に……。 いや、その証拠となる消しゴムさえもうない。

                    end
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kitunosuke8.blog33.fc2.com/tb.php/418-0ece02c8
▲ top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。