スポンサーサイト

Posted by 松長良樹 on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霧雨

Posted by 松長良樹 on 29.2016 0 comments 0 trackback
250_convert_20160529120650.jpg

「ねえ君、山で迷ったことないですか?」
 カウンター席で青年が傍にいる女性にそう尋ねた。その青年は室内だというのに帽子を深々と被ったままである。ところは信州、山の麓の小奇麗なカフェ。
 青年とその若い女性とは初対面で青年がグラスを持ったままで、そんな事を出し抜けに訊いたのである。
 女性の方は女友達ちと来ていたから、いくぶん心丈夫で丁寧にその質問に答えることにした。青年が見栄えのよい丹精な顔立ちをしていたからだ。
「山の中で迷った事は今までには、ないですねえ」
「そうですか、そうですよねえ。山で迷ったら命にかかわりますものねえ」
 青年がちょっと眉をひそめてそう言った。
「そんな怖い目にお遭いになった事があるのですか?」
「――まあね」
 青年が言葉を濁して答えた。
「あなたは山が好きですか」
 青年は神秘的とも言える瞳でじっと女性を見つめた。
「ええ、自然が好きで私たちこれから白馬岳に登るんです」
「どんなルートです?」
「蓮華温泉から三国境そして白馬岳ですわ」
「そうですか、くれぐれも気をつけてください」
「ええ、わたしは初めてだけど、彼女は何回か登ったことがありますから……」
 と、その会話の途中に青年が突然、両肘をカウンターに付けて頭を抱え込んでしまった。
「ど、どうされました、お体の調子でも悪いのですか?」
「あっ、ああ、大変失礼しました。少し頭痛がしたもので、でも、もう大丈夫です」
 女性は心配顔になったが一抹の不信感も混じっていた。
「実は僕は山で迷ったんです」
 青年が遠くに視線を移してポツリと言った。
「まあでも、ご無事でいらして良かったですわ。怖い思いをなさったんですねえ」
「ええ、ところで話が変わりますが、あなたは量子力学に興味がありますか?」
「はっ?量子力学ですか」
「いや、いきなりすいません。僕は初めて量子力学の本を読んだとき、まったくナンセンスだと思いましたよ。シュレーディンガーの猫なんて奇妙な話ができたのも、ある観測は絶対的に予測することができないという、ばかばかしいお話に対する皮肉です」
 女性が少し困った顔をになった。
「ごめんなさい。このお話をもう少しだけ聞いていただけますか」
「……」
「それでね、その量子力学なんですけど、簡単に言いますと、観測が不可能な代わりに、六面のサイコロを振ると六面分の宇宙が存在すると、こういう結論に終着するのですが、あなたはこんな話を信じますか?」
 女性は何も答えなかった。
「つい先週まで僕はこんな話は信じていませんでした。でも、今の僕は信じます。わかりますか?」
 女性が友達と思わず顔を見合わせた。
「で、話が戻りますが、僕は登山道を歩いていたのです。そしたら急に天候が悪化しましてねえ。山の天気ですねえ。あっ、もうこんな話聞きたくありませんよねえ」
 青年が話すのをためらってみせた。
「いえ、どうぞ、お話になってください。伺いたいわ」
 女性はそういって女友達に目配せした。友達は黙ってうなずいた。
「では、お話しますが驚かないで下さい」
「――いったいどうなされたの?」
「山道で急に天候が悪化して霧が出てきたのです。その霧が普通じゃなかったのです。一寸先も見えないぐらいの酷い霧だった。そしてその霧に雨が混じりだした。霧雨です。焦りました。僕は一人でしたし、怖かった。右も左もわからず。最悪なことに僕は恐怖にかられて歩き出してしまったのです。一刻も早くその霧雨から逃れたい一心で」
「まあ大変でしたのねえ」
「ええ、大変でした。僕は無我夢中で歩き続けました。そしてここに来たのですよ」
「……」
「実をいいますと」
「はっ?」
「ここは僕が元いた世界ではないのです」
 女性が不思議そうな顔をした。
「それはどういう意味ですの?」
「僕は霧雨の中で迷い、どうやら次元の違う世界に迷い込んでしまったようなのですよ」
 青年の目は真剣で異様な光を放っていた。
「まあ、へんな冗談はやめてください」
 女性が苦笑いをした。
「僕にはあなた達のように額に触覚なんてないのです。――いいですか」
 ――青年の手が初めて帽子にかかり、それと同時のタイミングで女性と友達の触角がかすかに揺れた。
  
                  end
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kitunosuke8.blog33.fc2.com/tb.php/437-7807426d
▲ top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。