スポンサーサイト

Posted by 松長良樹 on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅は道ずれ、世は不可思議

Posted by 松長良樹 on 12.2016 0 comments 0 trackback
56220_convert_20160612215657.jpg

 カナコは街角を曲がったとき、なにか人の行列ができているので、この近くに新装の店でもでき、安売りでもしているのかと思い、その行列に並ばないまでも様子を確かめようと思った。
 カナコはもともと好奇心が旺盛なので、その列の先頭を探したが、なかなかたどり着かない。それに雰囲気がへんなのだ。スーツケースを持つ者や、地図を持つ者、リュックや帽子の人が多い。
「これって旅行者っぽくない」
 カナコは独り言を言ったが、行列の人々はほとんどカナコが眼中にないみたいだ。それと決定的におかしいのは行列なら、少なくとも待っていていいはずだ。並んでいるのなら立ち止まっていてしかるべきじゃないのか。
 こうなるとカナコの好奇心はびんびん刺激された。なにかある! そう踏んだカナコは娘のミナに少し遅くなるとメールした(カナコは一人娘のミナと現在二人暮らし)そして若いころ陸上で鍛えた足腰に物を言わせ、先頭目指して走った。
 しかし敵は、いや、行列は想像を上回って長く、ものすごく長く、もうお年のカナコはばててしまった。 一体全体どうなってんの!! 心の中で叫ぶ。
 しかしこのまましゃくだ。家で待つミナになんと説明する? こうなればきいてみるしかなさそうだ。カナコは何人かの人を見まわして、比較的温厚そうな同年代の主婦らしい人にこう訊いた。
「あのう、この人の列すごく長いんですけど、何なのでしょうか? 何に並んでいるのですか?」
「あらっ、あなた、なに言ってんの、私たちマンユウしているのよ」
「マ・ン・ユ・ウ?」
「そうよ」
「マンユウって、漫遊ですか?」
「はい。その漫遊」
「なんでまた、漫遊しているのですか?」
 確かめずにはいられないカナコ、だが……。
「私たち、ご老公様とご一緒に旅しているのよ」
「ご、ご老公様?!」
 やられた。とカナコは思った。完全に意味不明。
「……ご老公様って、時代劇の水戸黄門ですかね?」
「ええ。水戸光圀様ですよっ」
「どういうことですか?」
「あなた本当に知らないの? もうかなり前、墨田区で水戸光圀様が旅しているのがニュースになったじゃない。もちろん助さん格さんもご一緒だし、お二人ともイケメンだと評判よ」
「さあ、知りませんでした」
「それで誰かが、旅をご一緒してもいいですか? と光圀様にきいたわけ、そうしたら、光圀様、微笑まれて、旅は道づれ、世は情けとおっしゃったのよ」
 記憶を懸命に探ったがカナコの記憶にはない。
「で、この行列の先頭はいったいどこにあるのですか?」
「もう、兵庫あたりに差し掛かったらしいわよ」
 ちなみにカナコの住む町は川崎。現在地も川崎。
「ひ、兵庫?! じゃあ、いったい先頭には誰が歩いているのですか?」
「助さん、格さん、少し遅れて光圀様。助さん、格さんはサイン攻めで漫遊気分じゃないそうよ、光圀様は鼻歌を歌われたりしているらしいの」
「へえ、じゃあもう少しおききしますけど、この行列の最後尾は一体全体どこなんですか?」
「福島あたりかしら」
「ふ、福島!! それじゃ、なんですか、この行列は兵庫から福島まで続く、新幹線みたいに途方もなく長い行列なんですか?」
「そういうことになるかしらねえ」
「んな、いくらなんでもそんな!!」
「最初は少人数だったのよ。十人足らずと聞いたわ。でもみんなが旅は道づれって、どんどん増えたの。まあ、光圀様と諸国漫遊なんて一生に一度でしょうからねえ。無理もないかもね。あたしだってその口だもの」
「――でも、史実だと黄門様は漫遊なんてしてないんでしょ」
「さあね。そんなこと知らない。現に漫遊しているからいいのよ」
 カナコが体中をかきだした。カナコは好奇心が飽和状態になると体中が痒くなるのだ。
 こうなれば先頭までいって黄門様に会ってみたい。カナコはそう思った。そしてどこへともなくまた走った。こうなれば先頭まで飛行機で飛ぼう! そういう考えが頭に閃いた。だけど一旦は家に帰らねばならない。でないとミナが怒るし、旅行支度だってある。
 カナコは家に帰ると勢いよく家のドアを開けた。
「ミナ―っ!!」
 家にはミナがいない。そしてキッチンのテーブルの上に置手紙がある。
 文面は、ただ一言。――旅に出ます―― カナコは先を越された。
  
                      おしまい
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kitunosuke8.blog33.fc2.com/tb.php/440-996f2bef
▲ top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。