死について

Posted by 松長良樹 on 05.2017 0 comments 0 trackback
6897_e.jpg


 似非小説… あるいは小咄? というものが書けなくなったので、エッセイ…… いやいやそんなかっこいいものじゃないけれど、最近思うこと昔から思うことを正直に文にしていこうかな… なんて思う次第です。
 私はもう還暦を過ぎました。それなので死について重くならない程度に書いてみたいと思います。
 では死についての名言(セリフ)を三つほど紹介しながら私なりの解釈を書いてみたいと思います。

① 「死について考える(対決する)ことは、いかに生きるかを考える事なんだ」
 このセリフは映画スタートレック「カーンの逆襲」の冒頭に出てくるカーク船長の名ゼリフで私の大好きな言葉です。このセリフだけでスタートレックが薄っぺらなSF映画ではないことが窺えるようです。
 死を考えたところで人間には結局わからない。だから死を考えることは生きることを考えることに他ならない。という意味だと思います。冷静な洞察と覚悟みたいなものが読み取れます。
 ――かっこいいセリフです。

② 「死にたいってことは生きたいって事よ」
 これは昔知り合った女性が吐いた言葉で、いまでも印象深く心に残っています。
 本当に死にたい人なんてこの世にいるのでしょうか?
 死にたい理由には大きく分けて二通りあると思います。

一、 生きていること自体が苦痛を伴う時。
二、 今置かれた状況が自分の望む状況ではない時。

 一の状況は同情すべきもので病気などがその典型でしょう。問題は二の場合です。これは今の状況が納得できないから死にたいということです。例えば受験で失敗したから死にたい。失恋したから死にたい。等々沢山あります。
 これは真に死にたいのではない。成功して、或いは良いかたちで生きたいの裏返しです。つまり根底には生に対する執着があるのです。それが強いからこそ死にたいのです。
 一種の理想主義的なものが人間を死に追いやるのです。しかしそれこそが、まさに人間的だと思います。


③ 「彼はただここにいないというだけだ」
 このセリフはロックバンド「ローリングストーンズ」のメンバーブライアン・ジョーンズが27歳の若さで亡くなった時に、記者にインタビューされたメンバーが言った言葉。
 メンバーの誰が言ったのか残念ながら記憶にありません。当時の人気ロックバンドのセリフだけに、ちょっと気障にも聞こえますが、その時はなにかにハッと気づかされたという感想です。
 死んだということは周りの人間から見ればここにいないだけ……。
 つまりここにいなくても記憶には残っている。心の中にはいつまでも存在している。という意味になると思います。

 ◇
 
 やがて死ぬことを知るということは、我々人間の固有な不幸であり、
 それは慰めとなるものがまったくないほどに惨めな状態なのである。

 かのパスカルはこう言っています。

 だからこそ死の恐怖から逃れる為に人には気晴らしが必要であり、それは、旅行やスポーツ、その他あらゆる趣味で気を紛らわせている。そして仕事さえもその範疇に入る。

 こんなふうにパスカルは捉えています。


 死とは何か…。正直解りません。

 しかし生物学的にみれば個は死ぬけれども遺伝子は不死ですよね。
 我々が死ぬのは進化の為かもしれません。
 同じ個がいつまでも生きていたら進歩がありません。

 すべては自然あるいは偶然が仕組んだ巧妙なシナリオ通りなのかもしれません。

                                             END
スポンサーサイト
Category : エッセイ


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kitunosuke8.blog33.fc2.com/tb.php/452-918e79b4
▲ top