スポンサーサイト

Posted by 松長良樹 on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭の良くなる本

Posted by 松長良樹 on 13.2010 0 comments 0 trackback
5231444_convert_20101213201632.jpg

「僕みたいな劣等性が本当に頭が良くなるんですか?」
 入試を控えた学生が博士に訊いた。
「ああ、この本を読めば必ず頭は良くなる。わしが保障するよ」
 学生はその分厚い本のページを捲って呆然としてしまった。
「な、なんですかこれ?」
 象形文字の羅列である。
「どんな資料、文献、学術書の類を使ってもかまわんからこの文字を読むのだよ」
「……」
「これを読破したら君は博士だ」
「入試までに間に合いますかねえ」
「何言っとる。一生ものだよ」
「……!? そんな」

                 おしまい。

にほんブログ村 小説ブログへ





スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kitunosuke8.blog33.fc2.com/tb.php/74-569ded02
▲ top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。