スポンサーサイト

Posted by 松長良樹 on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵女房

Posted by 松長良樹 on 14.2010 2 comments 0 trackback
521366_convert_20101214061330.jpg

 巨勢 金岡(こせ の かなおか)は平安時代前期の宮廷画家で、何でも話によると屏風に目玉のない虎を描いたそうだ。目のないのを不服に思った他の画家が目を入れると、たちどころに屏風から躍り出た虎に食い殺されたと言う。
 江戸時代。あるところに絵の名人がいた。かの巨勢 金岡を髣髴とさせる絵師である。
 しかし、優れた画家であってもいたって庶民的で気さくな人であった。何でも彼の描いたものは画面から抜け出てくるというのだ。

 飢饉のとき彼は障子に餅を描いて子供たちに配ったという。

 その噂を聞きつけてやってきたのが与太郎だ。

 早足で遠慮もなく絵師の家の門をくぐった。
「先生!」
「なんじゃ」
 絵師は縁側で柿の木を眺めていた。
「ひとつ絵を画いちゃくれませんかねえ」
「どんな?」
「女の絵でさ」
「ほう」
「むろん礼は致しますから」
「どんな女だい?」
「そりゃいい女に越したことはねえけどさ。実は恥ずかしながらおいらこの歳だけど、嫁のきてがねえ」
「……」
「俺の女房になる女を絵に描いて欲しいんです。先生を名人と見込んでの頼みでさあ」
「良かろう」
 絵師は意外に簡単に承諾した。そして奥から白い和紙と筆を持って来るとすらすらと着物姿の色っぽい女を描いて見せた。
「こいつぁ、すげえや」
 目を丸くして与太郎が驚いた。
「で、先生。絵から抜け出させてくださいよ」
「いいとも」
 絵師が絵の上を撫でると艶やかな美人が絵から抜け出てきた。
「こりゃあ、たまげた。先生は天下一だねえ!」
 与太郎はすっかり嬉しがり、礼を置くと女の手をとってそそくさと帰って行った。
 しかし翌日、与太郎は泣きべそをかいて絵師のもとを再び訪れた。
「どうした? 与太郎」
「聞いて下さいよ、旦那。夕べはあの女とすっかり意気投合しましてね。――与太郎さん寝ましょうね――っつうからおいら、喜び勇んで女の帯を解きましたら、なんにもないんですよ。真っ白な白紙みてえに」
「……なるほど」
「なるほどじゃあ、ありませんよ」
「で、どうする与太郎」
「いえねえ先生、今度は着物をおいらが用意するから、裸の女を画いておくんなさい」

 お後がよろしいようで……。
     
               
               おしまい。

にほんブログ村 小説ブログへ







スポンサーサイト

いやぁ欲望という物はきっと尽きないんでしょうね。
この男、裸の女性を描かせた後は一夜の後に「中を描いてくれ」
なんて…いえ、なんでもないです。
2010.12.14 19:41 | URL | hiro1468 #TJdQLek. [edit]
hiro1468さん、コメントありがとうございます。
人間とは欲望が服をきてるような存在なんですよ。
あっ、これは僕のことでした。
やっぱり考える事は一緒でした!どうもでした。
2010.12.14 22:12 | URL | 松長良樹 #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kitunosuke8.blog33.fc2.com/tb.php/75-a6784cde
▲ top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。