おかしな電話

Posted by 松長良樹 on 16.2010 0 comments 0 trackback
ttwe_convert_20100504082232.jpg

 ――男は死ぬつもりだった。人生に絶望したのだ。
 その男は吹きすさぶ強風の中を岸壁に向かって歩いていた。真一文字に結ばれた口、頬は青白く、髪はぼさぼさであった。男は大きくため息をついて履物を脱いだ。
  そのとき電話のベルが鳴った。携帯ではない。 
 男がベルの方向に視線を向けると岩陰に電話が一台置いてあった。
 ――命の電話であろうか? 通常こういうものはこちらから電話するのではないのか……。
 しかし、ベルは鳴り止まない。
 男は仕方なしに受話器を取った。
「もしもし…」
「お客様、今死なれますか?」
「――はあ?」
「今すぐ死なれますか?」
「は、はい」
「そうですか、今ですとあいにく地獄行きということになってしまいますが、よろしいでしょうか?」
「地獄?」
「はい。申し訳ございません。ほとんどのお客様が天国行きを希望されていらっしゃいますので、天国案内人の天使の数が足りない状況でして、地獄案内人の悪魔なら余っておりまして、今ですと地獄行となってしまいますがよろしいでしょうか」
「……じ・ご・くですか」
「はい」
「地獄には出来れば行きたくないのですが」
「さようでございますか。となりますとお待ちいただかないとなりません。天使は出払っておりまして、天使が戻りましてからのご案内になります」
「じゃ、待ちますよ」
「そうですか、まことに申し訳ございません」
「ところであんた誰?」
「あの世サービスの山田と申します」
「……」
「ところでお待ちいただいている間に証明書関係の確認をさせていただきたいのですが」
「は、はあ?」
「天国行きには証明書が必要になります」
「えっ、そうなんですか」
「はい」
「どんな?」
「はい。まず身分証明書ですね。それと住民票、これは本籍地の記載のあるもの。それに登記されていないことの証明書。それと性格診断書、天国行き願書となります」
「ええっ、そんなものあるわけないでしょうが…」
「そうですか、となりますと仮に本日お死にになりますと地獄ということになってしまいますね。証明書を揃えていただきませんと行き先は地獄に限られてしまいます」
「そ、そんなばかな」
「申し訳ございません。昨今はコンプライアンスの厳守がとても大切なのです」
「面倒ですね。まいったなあ」
「お客様、日を改める事をお勧め申し上げます。書類が揃わないと天国にはちょっとご案内いたしかねます」
「……」
 男はかなり不機嫌な顔になってとうとう怒鳴り散らした。
「冗談じゃない! 死ぬのにいちいち証明書なんてとってられっか! 死ぬのはやめました。死にません。死ぬのは中止だ!」
「お客様、キャンセルでございますね。わかりました。その場合一年間の待機期間を設けさせていただきます。万が一その期間を経過されずにお死にになりますと地獄行きとなりますので、ご了承くださいませ」
「……」
「なお特例がございまして、人助け等の善行がありますと証明書さえ添付していただければ他の証明書が完備されない場合でも天国行きとさせていただき……」
 ガチャン!
 ――男は思い切り受話器をたたきつけた。

                       おしまい。

にほんブログ村 小説ブログへ

スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kitunosuke8.blog33.fc2.com/tb.php/77-04e22790
▲ top