冷たい会話

Posted by 松長良樹 on 18.2010 0 comments 0 trackback
451233_convert_20101218103420.jpg

「あなたって冷たいのね」
 彼女が寂しそうに言うと彼が答えた。
「仕方ないじゃないの。僕はロボットだもの。君のほうこそ僕以上に冷たいじゃないか」
「あら、氷の彫刻を好きになったあなたがいけないのよ」
「……?!」
 
                おしまい。

にほんブログ村 小説ブログへ

スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kitunosuke8.blog33.fc2.com/tb.php/80-524f8725
▲ top