ある悲劇

Posted by 松長良樹 on 19.2010 2 comments 0 trackback
 52813000_convert_20101219095047.jpg

 ――死んで幽霊になった男がいた。

 なんだかやけに落ち込んでいる。みかねた周りの幽霊たちが慰めた。
「そうしょげなさんな、霊界だっていいところはあるんだからさ」
 男がむっとして答えた。
「違うんです。私は靴屋なんだけど、ここじゃ商売ができねえ」
「……!?」

                    おしまい。

にほんブログ村 小説ブログへ




スポンサーサイト

足を洗って出直したくなるような
スカッと決まったショートショートっすねえ!(笑)
2010.12.19 13:59 | URL | ヴァッキーノ #UXr/yv2Y [edit]
> 足を洗って。お上手
こちらにも一枚差し上げて!?
2010.12.19 20:37 | URL | 松長良樹 #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kitunosuke8.blog33.fc2.com/tb.php/82-a84f3d6a
▲ top